弁護士の23条照会と勤務先調査に必要な興信所・探偵無料相談

弁護士の23条照会と勤務先調査に必要な興信所・探偵無料相談

弁護士会照会をご存じでしょうか。弁護士の申請を受けると弁護士会は官公庁や企業、事業所に問い合わせを行い事実を照会することができます。照会を求められた企業は回答する義務があるため、たとえば勤務している会社なども特定することができるというわけです。このような制度は浮気や不倫による離婚慰謝料や養育費、借用書や契約書がある借金、この他調停や裁判の判決に基づく損害賠償などが支払われないという債権者のために利用されています。債権回収のための訴訟を弁護士委任している場合、勤務先調査を行ってもらうことができる場合があります。もちろんこの23条照会は正当な理由があるときにのみ利用することが可能です。

 

ただし中には照会をかけても全く情報が上がってこないというケースもあります。たとえば相手が住居や職場を転々としている場合、また住民票などをきちんと移していないという場合については勤務地を特定できないことがあります。そういった場合は探偵事務所などを利用し、もう少しいろいろな方向性から勤務先調査を行うと居所や職場を特定することができます。

 

たとえば訴訟を起こすには最低でも住所を知っている必要がありますが、転居していて前住所しか分からないという場合はまず所在調査を行う必要があります。探偵は照会して勤務先調査するのではなく実際に足を使って情報収集を行うため、うまく隠されている情報であっても入手できる可能性が出てきます。探偵事務所の中には信頼できる法律の専門家を紹介してもらえる場合もあります。困っている事がある方はまず無料相談などに対応した探偵社や興信所に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 

⇒勤務先調査で選ばれる探偵・興信所の無料相談窓口