強制執行に必要な勤務先調査と探偵社・興信所の電話無料相談

強制執行に必要な勤務先調査と探偵社・興信所の電話無料相談

債権者は支払われない債権に対し強制執行を行うことができます。裁判所に訴えを起こし判決を得た場合、もしくは公正証書で作成した債務名義に基づくことで強制執行の申し立てを行うことができます。ただし給料差し押さえをするにはまず、相手が仕事をしており安定した収入があることが最低限の条件になります。

 

さらに裁判所に申立を行うには給料など差押対象と、支払いを行う勤務先の所在を申告する必要があります。そのため相手の職場が分からないと給与を差し押さえることができないため、まずは勤めている会社を特定する勤務先調査などを行うことが必要になります。勤務先調査は探偵事務所や興信所に依頼することができます。また債務者の住所が不明な場合についても所在調査を行うことで、現住所を特定することが可能です。

 

判決に基づく慰謝料や養育費、また借用書がある貸金が回収できない場合、このような勤務先調査を利用することで給料のうち手取り額の4分の1を強制執行することができます。ご自身の債権が回収できるのかについては、どのような話し合いや法的な手続きをしてきたかにより少し違いがあります。

 

住所特定や勤務先を調べる方法に興味がある方は探偵社に一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。調査完了後は、入手した現住所や勤務先情報を元に法的手段の引き継ぎをしてくれる弁護士や司法書士などを紹介してくれることもあるので、まずはアドバイスを受けてみてくださいね。

 

⇒勤務先調査で選ばれる探偵・興信所の無料相談窓口